ホルモン

もう講義も終わる頃だ。

 

長机が6個ばかり並んだ狭い教室で、学生8人は死んだような顔してる。

クリントン政権下で国民皆保険制度が失敗した理由なんて誰も興味ないんだろう。

 

いつの間に外は暗くなってて、赤レンガの広場では学生たちがたむろしてる。

乗り合いの車を待ってるやつら。みんなサークルに行くんだな。

 

飲酒とセックスしかやることのない田舎ではみんな怠惰に生きてる。

 

いつも年齢確認される薬局でアルパカの白ワインとコンドームを買おうとしてたらトモヤが飲みに誘ってきた。

 

 

カウンター4席と座敷のテーブル席が2つばかりの汚い店。大好きなハチノスをアテに、頭の悪そうなバカでかいサイズのジョッキでビールを一気に飲み干した。

 

壁に並んだ木の札のメニューはタバコのヤニと肉を焼く煙で黄色く脂まみれになってる。

でも誰もメニューなんて見てないからこれでいいんだ。

 

 

顔が真っ白になって白昼夢みたいな状態になってきた。

 

コカレロでトドメを刺されたかな。

 

ユリカっていう後輩の女子の顔にペンで「肉便器」って書いてやった。ぼくの膝の上で笑ってるよ。

 

シオリが「ねえ、いいでしょう?」なんて言って、ぼくを誘惑してくる。

 

「この日本酒飲んでくれたらね。」

 

彼女がそれを飲み終えるとすぐさま、彼女の後頭部を掴んで押し付けるようにキスした。

 

店主はヴェポライザーの煙を天井までふかして静観してる。

 

尿がこびりついて黄色くなった便器に顔を突っ込むようにして吐いた。胃液の味が気持ち悪い。その辺に転がってる靴に吐かなかっただけマシさ。

 

もう2度と酒なんか飲むもんかって、思ってみるだけ。

 

・・・

 

 

タバコの煙と喧騒がぼくを現実に引き戻す。

 

「どうしてわたしの気持ちを分かってくれないの?」ってカナさんが泣いてる。

 

先輩も男運がないんだね。この先もずっとそうなんじゃない?

 

カズは罰ゲームで土下座してた。こぼした酒と泥にまみれた汚い床の上で。

 

スズカは気持ちがいいくらいの飲みっぷりで、機嫌が悪かった。ダンサーだったか俳優だったか忘れたけど、睡眠薬を服用してる彼氏とケンカでもしたのかな。

 

宥めようとしたぼくの手に噛み付いてきて、くっきり歯形がついた。その後強引にキスしてきた。マルボロのメンソールの味がした。

 

彼女を送って行くのがめんどくさくなって、その場にいたモデルみたいに足が細い男子の家に詰め込んできた。

 

トモヤと一緒に今にも潰れそうなラーメン屋で、美味くないラーメンをすすった。

 

どうせ後で吐くって分かってるのに。

 

 

もう2度と酒なんか飲むもんかって、思ってみるだけ。