コロナワールド

連日ニュースではコロナウイルス感染者が何人という報道があり、もういい加減コロナワールドは終わってほしいと思う今日この頃です。

 

ハイ、みなさま。わたしMona Lisas and mad hatters。 これをどんな電子機器で読んでいるのか分からないけど、リアルタイムだよ。

 

今回のテーマは、現在流行しているコロナウイルスでございます。

 

現状は、4月7日から発令された緊急事態宣言は5月6日に解除されたものの、東京都ではコロナウイルス感染発表者が毎日100〜200人となるなど、パンデミック第二波が来そうな状況。

 

突然だけど、ブログを営む1人の物書きとして、このコロナウイルスパンデミックの世の中に対して一筆書いておく必要があると思うので少し長い呟きを。

 

ぼくの文章は別に科学的エビデンスを基にした緻密な分析でもなければ、社会学的理論モデルに則った見方でもない、単なる感想なので暇すぎる人は読んでね。

 

というわけで、、コロナ以降の世の中を見て思ったこと。

 

コロナウイルス感染症に対するぼくらの国民としての反応は教養にかけた愚かさに満ちている。

 

最もびっくりしたのは、

多くの人が、国に強権を発動してもらってまで集会の自由や移動の自由を制限してほしいと思っていること。

(参考にこういうのを見てほしい→)https://news.yahoo.co.jp/polls/domestic/41614/result

 

コロナウイルスでパニックになるのはけっこうだけど(まあこのウイルスでパニックになるようじゃ人類に未来はないと思うが)、それに乗じて人類が培ってきた集会や移動の自由まで手放そうとするのは自殺行為だろう。

こういった憲法上の様々な権利は国民が守らなければならない。なぜなら、国民は国家に対して「これこれは最低限侵害されてはならない」と約束したうえで憲法を制定したからだ。憲法は法律の上位にある。もし憲法で定められた自由や権利が国家から侵害されれば、国民は国家に抵抗しなければならない。憲法制定の歴史には国民と国家の約束があるのだ。

 

それなのに、今回のコロナパンデミックで、人が集まったり旅行したり飲み会したりを国が制限してくれと求める人々を見て驚愕した。本来国民が守らなければならない権利を国民自ら手放そうとしているのだ。

 

実際、コロナ以降のぼくたちの言動はおかしさに満ち溢れている。

政府の訳の分からない「自粛要請」を真に受け、飲食店には(たとえ客が1人もいなくても!)行かない、営業している店舗があれば密告する「自粛警察」なる狂った奴も出現し、10万円給付では周りの目を気にして辞退しようかなどと言う輩もいたようだ。

 

まるで国民は国家の奴隷であるかのよう。

 

ぼくらが心配すべきなのは、コロナウイルスによる疫学的被害ではなく、むしろ、人類が築き上げてきた自由や権利を自ら手放そうとしているという奴隷くん精神の蔓延だろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

考える

「考える」とはどういったことだろうかとふと考える。

 

「考える」とは…と考える時点でぼくはもう「考え」ているのか(鍵カッコ使うのダルい笑)。

 

大学で学んだ数少ないことの一つとして、思考するには知識が必要ということ。論文を書く際は無から何も書くことはできないので、先行研究から始める。

例えばポピュリズムについて論文を書きたいのであれば、過去の政治学者や哲学者の著書を読みながら、ここの部分は反論できるとか、これよりはもっといい事例がありそうなどなど試行錯誤していくわけだ。

 

というわけで(?)、ぼくたちが普段考えるとか思考するとかいった言葉で表している営みとは何か。

 

無からものは考えられないのであれば、「考える」とは、知識という引き出しをうまく使って何かの事象に対応していくこと?(気難しい言い回し笑)

 

なんか違う気がする。

 

「考える」って、決してスムーズな様ではなくて、言葉に詰まりながらうーんうーんと唸りながらアイデアを捻り出そうとしていくことっぽいと思ってる。

 

もちろんその時にはインプットしているものを使っていくのだけど、もともと自分の中にある知識にどこかで抵抗しながら、あれこれ思う(デカルトの言葉をお借りします笑)ことこそが「考える」なのでは、などといい加減に「考え」てみました。

エッセイ

仕事終わり。

 

麦のソーダ割りを飲んで今日も一息。

 

吉岡友治先生の『いい文章には型がある』の随筆解説を読んで膝を打つ。

随筆(エッセイ)を構造的に分解すると

体験+感想+思考 であると。

 

一つの事象を論理的に解明していくのではなく、各々が感じた直観を一般化していく。

みなが感じる何気ない体験を拡げていくプロセス。

 

論文などの論理的な文章に精通していなくても、エッセイという文体をとることで何気ない体験や想いが人々の心に浸透していく。

 

思えば、ブログってある種エッセイに似たスタイルだから、誰もが始めやすいのかもしれない。

 

エッセイをきっかけに、こんなに楽しい世界があるんだと知ったら、たとえ仕事が辛くても、退職してコンビニバイトとかでテキトーに稼いで、文章と繋がりながら生きていけるかもね。

 

イスラム学者の中田考さんも行ってたみたいに、頭の中はいくらでもハッピーにすることができるのよ。

 

そんな境地に行ってみたいかもー。

 

 

みんなちがって、みんなダメ (ワニの本)

みんなちがって、みんなダメ (ワニの本)

 

 

 

いい文章には型がある (PHP新書)

いい文章には型がある (PHP新書)